地元いちばん地元を食べよう北九州 地元で作った農産物・海産物やグルメ情報を発信

地産地消サポーター登録

ジモイチのひとりごとコーナー

ジモイチのひとりごとコーナー

  • 今が旬!リンゴ狩りに行きませんか?

    更新日:2018.09.13  発言者:チームジモイチ

    北九州市内でリンゴ狩りができるってご存知ですか?
    小倉南区母原にある「吉武豊湧園」では11月下旬までリンゴ狩りを楽しむことができます。

    「ひめかみ」(ピンク色で可愛らしい)
    味見させていただきました。ジューシーで酸味控えめ、甘みがしっかりの美味しいリンゴでした!


    こんな感じでリンゴの木が植えてあります。

     

    笑顔が素敵な吉武さん

     

    暑さも和らぎお出かけにちょうど良いこの季節、ちょっとお出かけしてはいかがですか?

     

    お問い合わせは
    吉武豊湧園(北九州市小倉南区母原195)

    電話:093-451-0510まで

    入園料:無料 収穫した果実は買い取り

     

    今が旬!のリンゴ

    ひめかみ:甘み酸味のバランスが良く、リンゴらしい華やかな香りがあります。

     

    今後、旬を迎えるリンゴ

    秋映(あきばえ):しっかりとした歯ごたえがある硬いタイプです。全体として甘酸っぱいりんごらしい味わいです。

    シナノスイート:酸味が穏やかなため、柔らかい甘みが感じられる味わいです。

    ぐんま名月:酸味が少なくとても甘く感じる上とてもジューシーです。

    ふじ:味のバランスが良く甘味と香りはしっかりとしています。歯触りもシャキシャキと心地よく人気が高いリンゴです。

  • ジャンボタニシの駆除を実施しました

    更新日:2018.08.20  発言者:チームジモイチ

    若松区の「蜑住の環境を守る会」では、
    毎年、稲を食害するジャンボタニシの駆除を実施しています。
    今年は大雨等の影響もあって、2回ほど延期されましたが、
    7月14日土曜日、3連休の初日に、地元の子供会も参加して

    実施されました。

    蜑住地区では、環境にやさしくておいしい「れんげ米」の
    生産に取り組んでいます。
    秋には、たくさんのおいしいお米がとれるといいですね。

  • ブルーベリーが収穫最盛期!

    更新日:2018.06.21  発言者:チームジモイチ

    小倉南区の長野本町で、ブルーベリーの収穫が最盛期を迎えています。

    栽培するのは、牧村 恵子(まきむら えいこ)さんで、14年前にブルーベリー栽培を始めました。市内でも数少ない生産者のひとりです。
    ビニールハウスと露地で栽培しているブルーベリーは約450本で、5月中旬から8月中旬が収穫シーズンです。

    主に市内のケーキ屋さんに出荷していますが、JAの直売所等で直接購入することもできます。牧村さんは、ニーズに合わせて大粒の果実になるように品種の選定や栽培技術を研究したそうです。今年も大きくて、甘く、ジューシーなブルーベリーが8月中旬まで出荷されます。

  • 若松区の安屋逆見津の花壇

    更新日:2018.06.01  発言者:チームジモイチ

    若松区の「逆見津地区自然環境保全会」は、
    地域の景観形成向上のため、花苗の植付を行っています。

  • 八幡西区の環境を守る会の活動

    更新日:2018.06.01  発言者:チームジモイチ

    八幡西区の「唐熊地域農地・水・環境を守る会」は、
    地域の農地や水路などを管理し、農村環境の改善・
    保持のため、清掃や景観形成活動を行っています。

  • ウキシロファーム(若松区)のこだわりのアスパラガス

    更新日:2018.05.08  発言者:チームジモイチ

    今日は、若松区でアスパラ栽培をしている「ウキシロファーム」さんの所へ来ました。

    「ウキシロファーム」さんでは、なんと、18棟ものビニールハウスでアスパラだけを栽培しています。
    ハウスの中は、畝ごとに土が含んでいる水分量が違うので、毎日土の中の状態を見ながら水を与えています。

    とても丁寧な管理をされています。
    有機質肥料を多く与えているので、土はふかふかです。

    今は、ちょうど春芽のアスパラを収穫しています。春芽は、一日で1~3cmと、ゆっくり成長するので、とても柔らかいアスパラが収穫できます。
    もう少ししたら、夏芽のアスパラガスの収穫を迎えます。夏は成長がとても早く、一日で10㎝も伸びるので、収穫に大忙しとなります。
    みなさん、アスパラガスには、なんと、メスとオスがあるのをご存知ですか?

    上の写真で、どちらがメスでしょう?
    正解は、上のほうがメスです。

    メスの方が、目の先端部の重なり方が緻密なのです。
    知っていた方は、ハナタカさんですね!
    今度、ぜひ、アスパラをじっくり眺めてみてください。

    アスパラの姿焼きです。春芽のアスパラなので、とても柔らかい!
    スジも、はかまも気になりません。メスとオス、お味の方は、メスの方が、美味しいと言われているようです。
    収穫されたアスパラは同じ長さにカットされ、サイズごとに分けられます。

  • レンゲの季節になりました

    更新日:2018.04.16  発言者:チームジモイチ

    若松区の「蜑住の環境を守る会」は、地域の農地を保全するための
    活動の一環として、レンゲの種まきをしており、
    ちょうど見ごろとなっています。
    蜑住地域では、「レンゲ米」の生産も盛んで、
    この時期、田んぼ一面がレンゲの花で覆われます。

  • 門司区の環境を守る会の活動

    更新日:2018.03.30  発言者:チームジモイチ

    門司区の3地区で「環境を守る会」が活動しています。
    「伊川校区環境を守る会」「岡条環境を守る会」では、
    景観保全として花の種まきを行っています。

    「猿喰環境を守る会」では、
    伝統的施設の保全として地区内の学校と共同で、
    潮抜き穴周辺の清掃を実施しています。

  • ワタリセファーム&ワイナリーでワイン醸造所開所式

    更新日:2018.03.05  発言者:チームジモイチ

    今日は北九州市初のワイン醸造施設「ワタリセヴィンヤード」の開所式に行ってきました。
    北九州市には日本酒、焼酎、ビールの醸造所があり、これで4種類のお酒が楽しめる街になりました。
    今回は秋に収穫した600kgのブドウ「メルロー種」を、参加したみんなで房から選別し、軽く潰して、樽に入れる作業を行いました。

    30人以上集まったんで、すぐに終わるかと思っていたら、意外に大変!
    カビが生えていたり、未成熟の小さい粒を除いたり繊細な作業が必要になります。でもこうやって手作業で摘み取り、選別するワイン工房は全国的にも珍しいんだとか。

    これからワイン醸造家 藤田氏のもと、愛情いっぱいに育てられ、美味しいワインへとなってくれることでしょう。
    夏過ぎには約600本のワインが誕生です。

  • 雪の中から

    更新日:2018.01.12  発言者:チームジモイチ

    今日は、畑も一面、雪景色・・・
    ここは、小倉南区長行。
    でも、雪の中では、「かつお菜」が出荷に備えて頑張っています!

    今が旬の「かつお菜」。
    雑煮の他、お鍋、おでん、炒め物、いろいろ活躍中です。

ページの上へ

ホーム地産地消とは地産地消サポータージモイチのひとりごとコーナー地元の食材直売所マップリンクサイトマップ

産業経済局食の魅力創造・発信室 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1 TEL:093-582-2080/FAX:093-583-0594

Copyright(c) 地元いちばん All Rights Reserved.