地元いちばん地元を食べよう北九州 地元で作った農産物・海産物やグルメ情報を発信

地産地消サポーター登録

6次産品

農産加工品

地元を食べよう北九州6次産品

掲載日:2014/5/30 ※下記の情報は掲載日時点の情報です。

農産加工品

JA北九

響灘の風が育てたいキャベツ

北九州市若松は、昭和47年に国のキャベツ指定産地となって以来、おいしく安心安全なキャベツ作りに取り組んで来た地区です。

玄界灘に面し、年間の風量が国内でも他に例をみないほど多いこの地区には、キャベツ畑に絶えず潮風が吹いているため、ミネラル豊富で甘みが強いキャベツが育ちます。

JA北九若松支店では、この土地ならではのキャベツのブランド化を進め、平成25年11月、「若松潮風キャベツ」として商標登録。数々のメディアで報道されました。

また、ブランド化とともに進められたのが、このおいしいキャベツを使った商品開発です。

直売所店長久野さんと商品開発スタッフ森さん

商品開発スタッフは、地元の食品加工メーカーとタイアップし、「若松潮風キャベツ入り餃子」を完成させました。幾度となく試作試食を繰り返し、完成までにかかった歳月は約2年!今後もスタッフ一丸となり、生産者が大切に育てた農産物を活かせる商品作りを進めていく予定です。

  • キャベツが役の期間定餃子

    若松潮風キャベツ入り餃子

    響灘からの潮風を常に受けて育った「若松潮風キャベツ」は、生食はもちろん、火を通すとさらに甘く、芯までおいしく食べられます。
    「若松潮風キャベツ入り餃子」は、そんなキャベツの特徴を活かした冷蔵生餃子。人気餃子で知られる食品加工メーカーとタイアップし、中の餡だけでなく皮の食感にまでこだわって作りました。ニンニク強め、味濃いめのしっかりした味付けなので、まずはタレや醤油なしで餃子そのものの味を味わってみてください。
    材料のキャベツの収穫時期を中心とした、11月〜6月までの期間限定販売。JA北九の直売所「かっぱの里」などで販売しています。

わせ

  • JA北九

    所在地:福岡県北九州市若松区払川466
    TEL:093-741-2266
    担当:西部営農経済部

  • 商品販売場所

    JA直売所(かっぱの里若松店、かっぱの里八幡店、大地の恵み西中店、大地の恵み曽根店、やさい畑おんが店、やさい畑みずまき店、やさい畑なかま店)

一覧に戻る
ページの上へ

ホーム地産地消とは地産地消サポータージモイチのひとりごとコーナー地元の食材直売所マップリンクサイトマップ

産業経済局食の魅力創造・発信室 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1 TEL:093-582-2080/FAX:093-582-1202

Copyright(c) 地元いちばん All Rights Reserved.