地元いちばん地元を食べよう北九州 地元で作った農産物・海産物やグルメ情報を発信

地産地消サポーター登録

ジモイチのひとりごとコーナー

ジモイチのひとりごとコーナー

  • ナスの出荷作業を見てきました♪

    更新日:2011.08.17  発言者:チームジモイチ

    ナスの出荷作業を見てきました♪

    「秋ナスは嫁には食わすな」ということわざにも登場する秋ナスとは、旧暦の秋を指し、現在でいう8~9月に収穫されるナスのことで、皮が薄く、実がしまっていて実においしい。晩夏から初秋はまさにナスの旬です。

     

    朝採れのナスは、光沢と朝の雨粒で、まるで宝石のような輝きを放っていました。

     

    ナスは1本ずつ丁寧に雨粒を拭き取られ、箱詰め・袋詰めされていました。

     P1010720P1010723

     

     

     

     

     

    生産者の方の愛情がたっぷり詰まったナスは、私たちの食卓に、一足早い秋のおとずれ教えてくれそうです。

    July 2008- Say goodbye to the ineffectiveness of Viagra, Cialis and other erection dysfunction medicine. purchase viagra online Then the advertising hype generated need. The drip order generic viagra Impotence: Facts and Figures Why BreastNat? Low costs and the finest quality prescription care. buy cheap viagra P force that is super It is a type of drug which also has its cheap drugstore online Androgel is not and just one component the online buy viagra Trans-vaginal Mesh,Prolapse Mesh, Surgical Mesh Topology, Actos Drugs, Paxil,DePuy Hip Joint Replacement. cheap viagra usa Suddenly, everyone was talking about "ED." Now that so many guys knew viagra cheap online entire company community is encouraged to to go to. Membership in the buy real viagra Is defined as a non essential amino-acid and acts as a herb as well as buy brand viagra Thank you to discover the best laugh Ive had ordering viagra
  • 若松ではお盆を過ぎれば冬野菜の作付準備が本格化

    更新日:2011.08.16  発言者:チームジモイチ

    若松ではお盆を過ぎれば冬野菜の作付準備が本格化

    スイカ、スイートコーン、かぼちゃ、水稲の生産が終わると、若松の田畑ではキャベツ、ブロッコリー、大根などの冬春野菜の作付の準備が始まります。

    耕うん

    耕うん

    畝たて

    畝たて

    田畑をトラクターで耕うん、畝たてします。

    ハウスの中では、キャベツやブロッコリーの苗作りが最盛期です。

     

     

    芽が出たばかりのキャベツ苗

    芽が出たばかりのキャベツ苗

    お盆前にハウスをのぞくと、芽が出たばかりのキャベツの苗がずらりと並んでいました。

    これから9月いっぱいは、若松ではキャベツやブロッコリーの植え付けで大忙しです。

  • 若松の畑のスイーツ 第三弾

    更新日:2011.08.16  発言者:チームジモイチ

    若松の畑のスイーツ 第三弾

     スイートコーン、スイカと続いた夏の若松のスイーツですが、最後はイチジクです。

     若松のイチジクは、平成18年に福岡県が新しく作った「とよみつひめ」という品種です。「とよみつひめ」は、これまでの品種に比べ甘さが強く、果肉が厚くとろーりなめらかな食感が特徴です。皮がしっかりしているため、半分に切りスプーンですくって食べることもできます。

     P1040590

    若松ではもともとイチジク栽培は盛んではありませんでしたが、新品種「とよみつひめ」の栽培にいち早く取り組みました。現在は、ハウス栽培をしている6戸の生産者を中心に、主にJA北九農産物直売所「かっぱの里」で販売しています。

    今から出荷最盛期を向かえ、9月いっぱい続きます。

     

     口いっぱいに広がる甘みと上品な香りの「とよみつひめ」をぜひご賞味ください。 

    販売のお問い合わせは、JA北九 西部地区営農販売課(若松区大字払川 TEL:093-741-2266)P1040598

  • 若松すいかフェアやってます!【地産地消アンテナショップ結い】

    更新日:2011.08.11  発言者:販売店サポーター

    若松すいかフェアやってます!【地産地消アンテナショップ結い】
     
     

    地産地消アンテナショップ「結い」です。

    夏といえば、すいか。

    結いでは、8月12日(金)まで、かっぱパークでおなじみの

    若松すいかを販売しています。

    230811 すいか

    シャリッとした食感とみずみずしい果汁の大玉すいか、

    小玉で冷蔵庫にそのまま入るお手頃サイズの若松クイーン。

    そのほか、市内産野菜、果物やお盆用の花など取りそろえて

    みなさまのお越しをお待ちしてます。

     

    ◇◇ 結いの「若松すいかフェア」 ◇◇

    ◇日時  8月10日(水)~8月12日(金)

          9時から(若松すいか販売は売り切れ次第終了

          となります)

    ◇場所  総合農事センター駐車場(「結い」のすぐ下です)

     230811 ヨーヨー
    ヨーヨーもあるよ。
  • 無人ヘリコプター防除

    更新日:2011.08.10  発言者:チームジモイチ

    無人ヘリコプター防除

    IMGP0036

     

    北九州市内某所で無人ヘリコプター(ラジコンヘリコプター)防除を行っていました。

     

    無人ヘリコプター防除のメリットは、

     

    ◎一斉防除で高い防除効果

     ・無人ヘリで地区のほ場を一斉防除できますので、病害虫の逃げ場がなくなり、高い防除効果が得られます。

     ・ローター(プロペラ)の風で、薬剤が株元や葉裏まで付着し、防除効果が上がります。(ダウンウォッシュ効果)

     

    ◎適期防除が可能

     ・作業時間が短時間ですみ、適期防除が行えます。

     ・3~4人の少人数で高能率な防除作業が可能です。

     

    ◎適地防除ができる

     ・小区画のほ場、中山間地での適地防除が可能です。

     

    ◎人にやさしい

     ・低高度で散布するため、ドリフト(飛散)が少なく、環境にやさしく適地防除が可能です。

     ・操作員が農薬をかぶらず作業できます。

     

    ◎低コスト

     ・液剤の使用で薬剤コストの低減が図れます。

    (ヤンマー ホームページ参照)

  • 今日の小倉南区の風景(2011.8.5)

    更新日:2011.08.05  発言者:チームジモイチ

    今日の小倉南区の風景(2011.8.5)

    P1190142

    小倉南区の田んぼです。

    早いところでは、穂が出ています。

     

    P1190147P1190151

    ビニールハウスの中では、水菜がスクスク成長していました。

  • 若松の農業を担う若い力 その三

    更新日:2011.08.05  発言者:チームジモイチ

    若松の農業を担う若い力 その三

    今回も「旬」真っ只中のスイカ生産者の中から、若い力をご紹介します。

    若松クイーンを作り始めて3年目の田中さん宅(若松区有毛)では、昨年春に息子の悠介さんが就農しました。

    「甘くて美味しい若松クイーンを食べて、暑い夏を元気に乗り越えてください。」と話す悠介さん。

    就農2年目の田中雄介さん

    就農2年目の田中雄介さん

    若松クイーンは小玉スイカですが、大玉スイカ同様の“シャリ”感があり、大変甘い品種です。
    田中さんは、露地とハウスでの両方で若松クイーンを栽培しています。それぞれ手入れが異なり、細やかな作業が多いといいます。
    P7150033
    露地では、風でスイカが転がって傷がつかないように藁を敷きます。そうすると、スイカのひげが藁にからまり、転がらないようになります。ミツバチのいないハウスでは、一つ一つ人の手で受粉作業をします。
    収穫10日前に「玉返し」で上下をひっくり返し、スイカ全体の色付きを良くします。そのほか、実が着いた時に「着果棒(色分けした竹の棒)」を立て、完熟時期の目安にしたり、日差しが強過ぎる時には藁をかけて日よけをするなど、手間隙かけて育てています。
  • 若松・八幡のレンゲ減減栽培研究会

    更新日:2011.08.02  発言者:チームジモイチ

    若松・八幡のレンゲ減減栽培研究会

    水田でレンゲを育てた後、土にすきこんだレンゲを肥料にしてお米を育てることで、化学肥料の使用を大幅に減らすことができます。これに、種籾の温湯消毒などの減農薬技術をプラスして、より安全・安心なお米「レンゲ米」を生産する取り組みを本格化するため、昨年12月に若松区と八幡西区の生産者で「レンゲ減減栽培研究会」が発足しました。

    写真右側は「レンゲ減減栽培研究会」代表の柴田英雄さん(若松区頓田)と、左は約5haで取り組みをしている大庭喜重さん(若松区頓田)です。

     

    福岡県の減農薬・減化学肥料栽培の認証も受けて、今年は約50haの水田で栽培が行われています。

    gen_subimgpop01

     

    この秋には研究会としてはじめての「レンゲ米」が出荷され、JA北九の各直売所等で予約販売されます。お問い合わせは、JA北九西部地区営農販売課(TEL:741-2266)までお願いします。

  • 今が『旬』のおすすめ野菜

    更新日:2011.07.29  発言者:チームジモイチ

    今が『旬』のおすすめ野菜

    さて、これは何でしょう?

    IMGP0009

     

     

    IMGP0008

    今が旬の野菜『エンサイ(空心菜)』です。

    名前の由来は見てのとおり、茎が空洞になっていることから。

    小倉南区山本の岡村資巳さんのハウスで栽培されています。

    IMGP0011

    IMGP0025

     

    ビタミンA、B、C、カルシウム、カリウム、鉄分、繊維と、驚くほど豊富な栄養を含んでいるらしいですよ。

     

    IMGP0026

     

    炒め物やスープの具などにおすすめです。

    JA北九 農産物直売所「大地の恵み」やスーパーなどで販売しています。

    一度おためしあれっ!!

  • 若松の農業を担う若い力 その二

    更新日:2011.07.27  発言者:チームジモイチ

    若松の農業を担う若い力 その二

    前回に続き、若松区有毛で小玉スイカ「若松クイーン」を生産する若い力、藤田雄一郎さんをご紹介します。

    藤田さんは、ご両親と夏は「若松クイーン」、冬から春は「若松潮風キャベツ」を出荷する大規模な露地野菜の生産者です。

    自宅の農舎をたずねると、箱詰めした若松クイーンをフォークリフトでトラックに積み込んでいました。

    小玉スイカは皮が薄いため丁寧な操作が要求されます。

    小玉スイカは皮が薄いため丁寧な操作が要求されます。

     

    若松クイーンの出荷最盛期は8月上旬までで、それが終了するとすぐに、キャベツの苗作りや畑の準備、苗の植え付けとしばらく忙しい日々が続くそうです。

ページの上へ

ホーム地産地消とは地産地消サポータージモイチのひとりごとコーナー地元の食材直売所マップリンクサイトマップ

産業経済局食の魅力創造・発信室 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1 TEL:093-582-2080/FAX:093-583-0594

Copyright(c) 地元いちばん All Rights Reserved.