地元いちばん地元を食べよう北九州 地元で作った農産物・海産物やグルメ情報を発信

地産地消サポーター登録

ジモイチのひとりごとコーナー

ジモイチのひとりごとコーナー

  • たまねぎの収穫

    更新日:2012.05.28  発言者:チームジモイチ

    たまねぎの収穫

    生産者サポーターの竹谷さん(小倉南区長尾)、今日はハウスではなく露地の畑でたまねぎの収穫をしていました。

    P1020932

    たまねぎは、葉が根元から折れたときが収穫の合図です。

    掘り取られたたまねぎは、適当なところで葉をカットして、ハウスの中で乾燥させてから出荷します。

    P1020935

    隣の畝には、赤たまねぎが植わってました。

    こちらは、収穫にはもう少しかかりそうです。

     

     

     

     

     

     

     

  • 稲作体験(元肥散布とくれ返し)

    更新日:2012.05.28  発言者:消費者サポーター

    稲作体験(元肥散布とくれ返し)

    小倉南区の某兼業農家に米作りのお手伝い(稲作体験)に行きました。
    『代かき』の前段階の作業で、『元肥散布』と『くれ返し』を体験。

    はじめてトラクターに乗りました。最初のうちは恐る恐るでしたが、だんだん慣れてくると楽しくなってきました。(写真はその頃撮ったものです)

    が、田んぼの四隅にどうしても土が盛り上がってしまうのと、Uターンするときの取り回しが難しく、四苦八苦。

    盛り上がった土は、鍬で凹んだところに手作業で寄せていきます。

    そして最後はヘトヘトに…。

    でも、これにめげずにまた次の作業のときには行ってきます!!

  • ほーれんそうのペーパーポット苗

    更新日:2012.05.25  発言者:チームジモイチ

    ほーれんそうのペーパーポット苗

    上の写真は、ほうれんそうの苗です。
    紙で作ったポットに種を蒔いて苗を育て、その後畑に移植します。

    ペーパーポット苗

    ペーパーポット苗


    生産性を上げるための技術です。
    移植したほうれんそうの苗

    移植したほうれんそうの苗


    小倉南区道原のハウスで、ほうれんそうの苗の移植作業をしていました。
    隣のハウスでは、きゅうりが育っていました。
    あと何日で収穫?

    あと何日で収穫?


    雌花

    雌花


    雌花の付け根にきゅうりの赤ちゃんが付いてます。
    雄花

    雄花


    雄花は花粉を作ります。実にはなりません。

  • 合馬で田植えが始まりました

    更新日:2012.05.25  発言者:チームジモイチ

    合馬で田植えが始まりました

    小倉南区の合馬地区で田植えが始まりました。
    当然ですが、現在は機械で植えます。

    5条田植え機

    5条田植え機


    この機械は、一度に5条(5列)植えることができます。
    さらに、肥料も同時に撒いていました。
    最近の田植え機は、1台で何役もこなす機械が増えています。
    植えたばかりの稲の苗

    植えたばかりの稲の苗


    まだまだ小さくて、ひ弱な苗ですが1週間もたつとしっかり根をはり(苗が根付くこと=「活着」)、シャキっとします。
    その後は、お日さまを浴びてどんどん茎の本数を増やしながら育ってゆきます。(稲が茎を増やすこと=「分けつ」)
    田植え直後の水田

    田植え直後の水田

  • 旬の野菜を使った野菜ソムリエによる試食会

    更新日:2012.05.22  発言者:チームジモイチ

    旬の野菜を使った野菜ソムリエによる試食会

    5月21日(月)JA北九農産物直売所「大地の恵み 西中店」にて、野菜ソムリエによる旬の野菜を使った試食会が行われました。
      

    野菜ソムリエ今仁さん
    野菜ソムリエである今仁洋子さんの考案のレシピによる、旬の野菜のキュウリとそら豆を使った料理が、来店者へ振舞われました。

     
     「キュウリの塩昆布和え」と「キュウリと切干大根の洋風サラダ」、「そら豆のポタージュスープ」を
    来店者に試食していただいたところ、みなさま大変おいしい!、とおっしゃっていました。
    また、多くの方が今仁さんに作り方を尋ねておられ、簡単にできるレシピに驚いていらっしゃいました。

     ご好評をいただいたこのイベント、今後も定期的に開催していきたいと考えています。
     その際は、どうぞお越しくださいね。

  • 合馬では田植えの準備真っ盛り

    更新日:2012.05.16  発言者:チームジモイチ

    合馬では田植えの準備真っ盛り

    たけのこの出荷がほぼ終わり、小倉南区合馬では田植えの準備が真っ盛りです。

    あぜ塗り機

    あぜ塗り機

    あぜ塗り作業

    あぜ塗り作業

    水が漏れ易い水田は、機械であぜに土を塗り固め、もれないようにします。
    機械を使うと早くて楽にできますが、クワで塗ったり“あぜシート”を設置する農家もまだ多く、腰をかがめた手作業になるため重労働です。
    クワで塗ったあぜ

    クワで塗ったあぜ

     

    あぜシート

    あぜシート

    水田は、2~3回の耕うんと元肥(肥料)を撒いた後、水を入れて“代掻き”をすると田植えの準備が完了です。
    代掻き前の水田

    代掻き前の水田

    代掻き作業

    代掻き作業

    代掻きが終わると、通常2~3日後に田植えをします。 

    合馬をはじめ西中地区では、これから5月いっぱいが田植えの最盛期です。
    えさを探すシラサギ

    えさを探すシラサギ

    トラクターで耕うんや代掻きをすると、土の中のカエルや虫が掘り出されるため、シラサギがえさを求めてすぐ近くまでやって来ます。
    ただし、田植え直後の苗を踏み荒らすのは、ちょっと迷惑です。
  • 合馬しっトク新聞5月号です。

    更新日:2012.05.14  発言者:販売店サポーター

    合馬しっトク新聞5月号です。

    『合馬しっトク新聞5月号』ができました。

    美味しい情報を発信していますので、ぜひご覧下さい。

    合馬農産物直売所はこちら。

  • ルッコラにかわいい花が咲いていました

    更新日:2012.05.11  発言者:チームジモイチ

    ルッコラにかわいい花が咲いていました

    生産者サポーターの竹谷さん(小倉南区長尾)は、市内ではめずらしいサラダ用の西洋野菜やハーブを主体に生産しています。

    372676_100002181801568_166060712_n
    ハウスでは、これから出荷を迎えるいろいろな野菜の緑がきれいでした。

    その中で、ルッコラがかわいい白い花を咲かせていました。

    セージ(上)とオレガノ(下)

    セージ(上)とオレガノ(下)

    アイスプラント

    アイスプラント

    スペアミント

    スペアミント

    バジル

    バジル

    わさび菜

    わさび菜

    サラダ菜

    サラダ菜

    ニンジン

    ニンジン

  • 合馬農産物直売所情報(H24.5.10)

    更新日:2012.05.10  発言者:販売店サポーター

    合馬農産物直売所情報(H24.5.10)

    P1219007

    合馬のたけのこ:これから先は主に「穂先」を茹でた、「ゆがきたけのこ」の出荷が中心になります。

     

    P1219014

    珍しいものもありますよ。「ミョウガの芽」です。

  • スイートコーンとえだまめ生育中

    更新日:2012.05.01  発言者:チームジモイチ

    スイートコーンとえだまめ生育中

    小倉南区春吉の生産者サポーター塚本茂さんのハウスでは、スイートコーンとえだまめがすくすくと成長していました。

    スイートコーン

    スイートコーン

    えだまめ

    えだまめ

    えだまめには可愛いつぼみがついていました。

    えだまめのつぼみ

    えだまめのつぼみ

    スイートコーンは6月中旬から、えだまめは6月上旬から出荷が始まるそうです。

ページの上へ

ホーム地産地消とは地産地消サポータージモイチのひとりごとコーナー地元の食材直売所マップリンクサイトマップ

産業経済局食の魅力創造・発信室 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1 TEL:093-582-2080/FAX:093-583-0594

Copyright(c) 地元いちばん All Rights Reserved.