地元いちばん地元を食べよう北九州 地元で作った農産物・海産物やグルメ情報を発信

地産地消サポーター登録

ジモイチのひとりごとコーナー

みんなのひとりごと

【取材報告】「お菓子」をテーマにした観光スポット「北九州スイーツヴィレッジ」

更新日:2017.02.06

発言者:チームジモイチ

【取材報告】「お菓子」をテーマにした観光スポット「北九州スイーツヴィレッジ」

昨年12月にオープンした「菓匠きくたろう」ご存知ですか?
20種類の「かりんとう」をはじめ、できたてのお菓子を提供するお洒落な和菓子やさんです。
看板には「北九州スイーツヴィレッジ」と書かれていますが・・・
「北九州スイーツヴィレッジ」の、その大きな構想について、
株式会社しんこうの越野社長にお話を伺いました。

株式会社しんこうは1950年、「越野商店」としてかりんとうの生産をはじめ、ドーナツやどんど揚げなど菓子の製造卸として全国のスーパーなどに自社のお菓子を供給しています。なんと、あの、凍らして「パキッ」と折るアイスのシェアは日本一です。
創業60年余、丹精こめてお菓子をつくってきましたが、8年前、「つくったお菓子でお客様が喜ぶ顔を直接みたい」と、お菓子を直売する「ファボリ」を立ち上げました。
そして今回、創業時のお菓子「かりんとう」を復活させ、「できたてを提供したい」と「菓匠きくたろう」をオープンさせました。
マカロンのようなお饅頭やキラキラ光る宝石のような「あんこの雫」など、和菓子と洋菓子の両方のよさを兼ね備えたラインナップはお客様の声を聞きながら開発したものとのこと。これからも新製品をどんどん開発していく予定です。
また、今月15日からは野菜を中心としたお料理の提供も始めるとのこと。

「しんこう」「ファボリ」「きくたろう」・・・さらにこれからも「産業観光」や「体験型ファクトリー」など、「お菓子」を中心とした事業展開を進めお菓子を中心とした観光拠点「北九州スイーツヴィレッジ」構想を進めていきます。

構想は、「観光」の視点以外にも、「6次産業化」「食育」「子育て」「交流」「地域貢献」「IT」なども含めた「12次産業化」、また、地域での雇用を増やし「日本一働きやすいお菓子やさん」を目指しています。

「北九州スイーツビレッジ」は「おいしさで笑顔をつくる」を合言葉にお菓子で地域を元気にする取組みです。

「菓匠きくたろう」
住所:小倉南区上曽根新町11-11 電話:093-474-6006 9:00~19:00 不定休

スイーツヴィレッジ

スイーツヴィレッジ


見た目も美しい和菓子です。

見た目も美しい和菓子です。

DSC_0665(hp)

前に戻る
ページの上へ

ホーム地産地消とは地産地消サポータージモイチのひとりごとコーナー地元の食材直売所マップリンクサイトマップ

産業経済局食の魅力創造・発信室 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1 TEL:093-582-2080/FAX:093-583-0594

Copyright(c) 地元いちばん All Rights Reserved.