地元いちばん地元を食べよう北九州 地元で作った農産物・海産物やグルメ情報を発信

地産地消サポーター登録

ジモイチのひとりごとコーナー

ジモイチのひとりごとコーナー

  • 未来の農業生産者を目指して

    更新日:2019.08.21  発言者:チームジモイチ

    見事な、なす畑。
    ここは、北九州市立総合農事センター内にある
    新農業者育成研修用の畑です。

    北九州市では、新たな農業者を育成するための研修を
    実施しています。
    1年間通して、一般的な野菜を実際に栽培したり、
    農業に関する基礎知識を学ぶことができる研修です。

  • 小倉南区産のなす、絶賛出荷中!

    更新日:2019.08.07  発言者:チームジモイチ

    つやつやした紫色。今が旬の野菜といえば、ズバリ、なす!!でしょう。
    ここ北九州市小倉南区では、6月下旬からなすの出荷が始まりました。

    現在、小倉南区では、6名の生産者が、お互いに栽培技術等の意見交換を行うなどしながら、日々、丹精こめて作ってます。

    収穫したなすは、JA の集出荷施設を利用して、等級やサイズ等の選別を行い、箱づめされ出荷されます。
    今から出荷の最盛期を迎え、なんと、11月上旬頃まで出荷が続くんですよ。息の長~い、野菜ですね。

    マーボーなす、なすの煮びたし、焼きなす、パスタ・・・いろいろなお料理の食材にぜひ、お使いください。

  • ひまわり畑

    更新日:2019.07.30  発言者:チームジモイチ

    若松区の有毛地区・安屋逆見津地区・安屋中谷地区では、農地や農道、水路やため池の管理のほか、

    ひまわりの栽培による景観形成向上の活動を行っています。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

     

     

     

  • 大玉すいか出荷中です!

    更新日:2019.07.30  発言者:チームジモイチ

    先週、梅雨明け直後に若松区安屋のJA北九集出荷場にお邪魔しました。

    畑で収穫された若松特産の大玉すいかがトラックで運び込まれ、選果後、箱に詰められる作業が行われていました。

    大玉すいか1

    大玉すいか2

    これは、すいかの表面を磨いてきれいにする機械です。

    すいかの表面を磨く機会

    すいか班の班長さんによると、

    「天候に恵まれ糖度も高いので、多くの方にすいかのシャリ感と甘さを楽しんで欲しい」とのこと。

    8月上旬まで楽しめるそうで、JA直売所「かっぱの里」やスーパー等でお買い求めいただき、

    旬の味を楽しんでもらいたいと思います。

  • 🍑ミス ピーチ🍑 来庁

    更新日:2019.07.26  発言者:チームジモイチ

    夏恒例! ミスピーチが北九州市へやって来ました。
    福島市産の桃をPRするため、毎年この時期に
    北九州市を訪れています。

    北九州市中央卸売市場に入荷する桃のうち、福島市産は全体の半分近くもあるんですよ。

    福島市と言えば、3.11直後は風評被害のため桃の販売が
    大苦戦しましたが、その後の努力で、桃の一大産地として復活!
    これから「あかつき」という大玉の美味しい品種が出回ります。

     

  • 👀 知ってる?

    更新日:2019.07.19  発言者:チームジモイチ

    小中学校給食献立表の中に英語表記があるのを知っていましたか?

    今年度から学習の一環で行われていて、使用材料の一つが英語表記になっています。4月はpotato、5月はcarrot、6月はonion、7月はtomatoです。

    9月は何かな? 探してみてね!

    ※北九州市では、地産地消の拡大と子供達が市内農業への理解を深めるため、

    関係機関と協力しながら、市内産野菜の学校給食への使用拡大を進めてい

    ます。

  • 若者よ、北九州市の農業を知ってるかい?

    更新日:2019.07.08  発言者:チームジモイチ

    先日、九州共立大学にて、「北九州の農業を知ろう!」
    と題して、出前講演を行いました。
    今回の生徒さんは、大学の初々しい新入生。
    そのうち半分以上が北九州市外。
    そこで、演題である北九州市内のブランド野菜や、
    農産物直売所、学校給食等、真面目な話はもちろん、
    市の歴史、地理、映画(相棒、海猿、仮面ライダービルドなど)のロケ地に
    使われているなどの話題をちりばめながら大いに盛り上がった講演となりました。

    これを機に一人でも多くの地元産農林水産物のファンが増えればと
    願っています!

    若者よ、北九州市の農業を知ってる

  • 魅惑の紫色 

    更新日:2019.06.25  発言者:チームジモイチ

    つやつやした光沢のある紫色の夏野菜、なす!
    焼きなす、煮びたし、麻婆なすと、料理にもいろいろ。
    小倉南区西中地区では、なすの栽培が盛んで、
    今から秋にかけて出荷されます。
    スーパーなどで見かけたら、ぜひどうぞ!!

  • 田んぼの様子

    更新日:2019.06.17  発言者:チームジモイチ

    北九州市内の田んぼの稲の様子です。
    現在、稲はここまで大きく育っています。

    お米の収穫までは、まだまだですが、日々少しずつ成長中!

  • お味噌汁はいかがですか?

    更新日:2019.05.30  発言者:チームジモイチ

    葉先が丸く肉厚で、ギザギザの切れ込みがない葉っぱが特徴の小倉南区産の有名なお野菜といえば何でしょう?
    答えは、「大葉しゅんぎく」です。

    やわらかく、アクが少ないので生のままサラダにしてもおいしいお野菜です。
    その大葉しゅんぎくを使用した即席の味噌汁が販売されています。
    お湯を注ぐだけで、簡単に大葉しゅんぎくをいつでもどこでも味わえます♪

    大葉しゅんぎくのほんのりとしたかおりで食欲もアップ!
    JA北九管内の直売所等でお買い求めいただけます。

ページの上へ

ホーム地産地消とは地産地消サポータージモイチのひとりごとコーナー地元の食材直売所マップリンクサイトマップ

産業経済局食の魅力創造・発信室 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1-1 TEL:093-582-2080/FAX:093-583-0594

Copyright(c) 地元いちばん All Rights Reserved.